背中のニキビの予防方法を覚えておこう

ニキビは顔にできるものというイメージがありますが、実は背中にもできやすいと言われています。
背中にニキビができていると痛いし、水着を着るときなどに目立つので、日ごろからケアをして予防することが大切です。
まず頭に入れておきたいポイントは、お風呂で髪を洗うときに、背中にシャンプーやトリートメントがつく可能性があり、それがニキビの原因になることです。
背中のニキビを防ぐためにも、お風呂から上がるときは背中を洗い流すことを習慣にするとよいでしょう。
また、ニキビを予防したいからといってゴシゴシ強くこすってしまうと、刺激になってニキビができやすくなります。
ボディソープはたっぷり泡立てて、できるだけ優しく丁寧に洗うことを意識するとよいでしょう。
もちろん、背中のニキビ対策には保湿も重要なポイントになります。
お風呂から上がった後はボディ用のローションで保湿をして、乾燥しないように気を付けましょう。
もしも背中にニキビができてしまったときは、できるだけ指で触らずに清潔に保つことで早く治すことができます。

最新投稿